2014年 研究成果

論文

  1. Gautam M, Izawa A, Saigusa T, Yamasaki S, Motoki H, Tomita T, Miyashita Y, Koyama J, Hongo M, Ikeda U: The traditional Japanese medicine (kampo) boiogito has dual benefit in cardiorenal syndrome: A pilot observational study. Shinshu Med J 62: 89-97, 2014.

  2. 日高宏哉、廣田直子、本郷 実:子どもの肥満:高カロリーファーストフードとスナック菓子. 成人病と生活習慣病 44: 101-105, 2014.

  3. 上原文恵、奥野ひろみ、本郷 実、五十嵐久人、駒津光久、山岡邦子、鈴木尚美、柿澤供子、髙橋良恵:糖尿病患者への予防的フットケア教育の効果:足病変のリスクが低い糖尿病患者を対象に. 日本フットケア学会雑誌12:8−14、2014.

  4. 木戸口周平、堀 敦詞、山本 洋、菅野光俊、本郷 実、本田孝行、日高宏哉:質量分析によるサルコイドーシス患者の気管支肺胞洗浄液中ホスファチジルコリン・リゾホスファチジルコリンの分析. 臨床化学43:313-319, 2014.

  5. 本郷 実:最新文献紹介—心臓手術後患者の高尿酸血症に対するフェブキスタットおよびアロプリノールの比較 (NU-FLASH Trial)—. 高尿酸血症と痛風22:86, 2014.

  6. 日高宏哉:小児気管支喘息の発症機序とスフィンゴ脂質. 臨床化学43: 154-155, 2014.

論文

  1. Gautam M, Izawa A, Saigusa T, Yamasaki S, Motoki H, Tomita T, Miyashita Y, Koyama J, Hongo M, Ikeda U: The traditional Japanese medicine (kampo) boiogito has dual benefit in cardiorenal syndrome: A pilot observational study. Shinshu Med J 62: 89-97, 2014.

  2. 日高宏哉、廣田直子、本郷 実:子どもの肥満:高カロリーファーストフードとスナック菓子. 成人病と生活習慣病 44: 101-105, 2014.

  3. 上原文恵、奥野ひろみ、本郷 実、五十嵐久人、駒津光久、山岡邦子、鈴木尚美、柿澤供子、髙橋良恵:糖尿病患者への予防的フットケア教育の効果:足病変のリスクが低い糖尿病患者を対象に. 日本フットケア学会雑誌12:8−14、2014.

  4. 木戸口周平、堀 敦詞、山本 洋、菅野光俊、本郷 実、本田孝行、日高宏哉:質量分析によるサルコイドーシス患者の気管支肺胞洗浄液中ホスファチジルコリン・リゾホスファチジルコリンの分析. 臨床化学43:313-319, 2014.

  5. 本郷 実:最新文献紹介—心臓手術後患者の高尿酸血症に対するフェブキスタットおよびアロプリノールの比較 (NU-FLASH Trial)—. 高尿酸血症と痛風22:86, 2014.

  6. 日高宏哉:小児気管支喘息の発症機序とスフィンゴ脂質. 臨床化学43: 154-155, 2014.

著書

  1. 本郷 実編:”信州発”青少年の健康教育プログラム—生活習慣病予防を目指して—改訂第2版. pp.1-171、信州大学医学部、松本、2014.

学会報告

  1. 原田美貴子、本郷 実、伊澤 淳、日高宏哉、中西啓介、矢崎善一、池田宇一:日本人中学生における血清シスタチンCと心血管リスクファクターの関連. 第47回日本痛風核酸代謝学会総会、神戸、2月21日

  2. 本郷 実、日高宏哉、伊澤 淳、中西啓介、中山佳子、寺澤文子、廣田直子、阪口しげ子:子どもの頃からの生活習慣病予防に向けて:“信州発”青少年の健康教育プログラムの開発と実践. 第1回日本健康促進医学会、長崎、5月17日

  3. 林 櫻松、中山佳子、上田 純子、本郷 実、菊地正悟:長野県における中学生のH. pylori感染状況. 第20回ヘリコバクター学会、東京、6月28日

  4. 原田美貴子、本郷 実、伊澤 淳、日高宏哉、寺澤文子、矢崎善一、池田宇一:日本人一般中学生において,血清シスタチンCは血清尿酸値と関連を有する. 第62回日本心臓病学会総会、仙台、9月26日

  5. 本郷 実、日高宏哉、中西啓介、阪口しげ子、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、廣田直子:子どもの生活習慣病を予防する: “信州発”青少年の健康教育プログラムの開発と実践. 第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日

  6. 中西啓介、本郷 実、阪口しげ子、日高宏哉、廣田直子、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵:家族を対象にした「生活習慣病予防外来」の活動報告.  第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日

  7. 飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、日高宏哉、本郷 実:実物大料理モデルを使った小中学生親子に対する食育について.  第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日

  8. 廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、日高宏哉、本郷 実:中学生における朝食および夕食内容多様性と食意識との関連について:第1報. 第61回日本学校保健学会、金沢、11月16日

  9. 日高宏哉:シンポジウムIII 臨床検査ができる未病への貢献とは;青少年の健康診断血液検査からみえたもの. 第63回日本医学検査学会(日本未病システム学会共催シンポジウム)、新潟、5月18日

  10. 木戸口周平、堀 敦詞、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:MALDI-TOF 質量分析によるヒト気管支肺胞洗浄液中リン脂質の分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会、 東京、9月4日(日本臨床化学会学会賞 Young Investigator Award 受賞演題)

  11. 堀 敦詞、木戸口周平、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:血清中主要スフィンゴ脂質の質量分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会, 東京, 9月4日

  12. 西島史恵、日高惠以子、中村友彦、本田孝行、日高宏哉:ガスクロマトグラフィ-質量分析による血清中脂質分画および遊離脂肪酸組成の分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会、東京、9月4日

  13. 西島史恵、日高惠以子、中村友彦、本田孝行、日高宏哉:ガスクロマトグラフィ質量分析による血清脂質分画中の脂肪酸組成の検討. 第61回日本臨床検査医学会学術集会、福岡、11月

  14. 堀 敦詞、木戸口周平、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:質量分析による血清中主要スフィンゴ脂質のプロファイル. 第61回日本臨床検査医学会学術集会、福岡、11月

報告書

  1. 本郷 実、日高宏哉、阪口しげ子、中西啓介、寺澤文子、伊澤 淳、鶴田悟郎、田中直樹、廣田直子、飯澤裕美、横川吉晴、金井 誠、中山佳子:青少年の生活習慣病予防医療の新たな研究教育システムの構築に関する総合的研究プロジェクト. 信州大学医学部附属病院先端予防医療センター事業報告書平成21-25年度、pp. 78-81, pp. 216-234, pp. 255-300, 信州大学医学部附属病院先端予防医療センター、平成26年3月28日発行

研究費獲得

  1. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))
    「青少年の生活習慣病予防医療を目的とした地域連携型研究・教育拠点の構築」

  2. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))
    「青少年の生活習慣病予防を目的とした行動科学に基づく多職種連携教育プログラムの確立」

  3. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))
    「質量分析によるヒト脂質プロファイル検査法の構築と臨床応用」

  4. 平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」信州アカデミア(信大COC事業)「地域志向教育支援」「地域における青少年の健康教育推進及び人材育成を目指した“学校出前”クリニック事業」

  5. 平成26年度財団法人長野県公衆衛生協会受託研究「小児生活習慣病予防事業に関わる調査研究」

  6. 公益財団法人信州医学振興会平成26年度研究助成「「健康長寿世界一」を目指す先進的地域保健医療システムの開発」

  7. 信州大学 - 協和メデックス株式会社共同研究「質量分析を用いた血中リポタンパク中リン脂質の同定及び定量、新規スフィンゴミエリン測定試薬の測定値の妥当性検証」

その他

  1. 市民タイムス「健康アドバイス」連載(1月—3月)

  2. 「長寿の秘訣解明します:松川村と信大医学部連携」読売新聞3月12日号

  3. 「長寿の要因解明し発信へ 食育講座など中高年や高齢者にも:信大と松川村が連携協定」信濃毎日新聞3月12日号

  4. 「医学部と松川村が地域保健推進に向けて連携協定を締結」信大NOW No.86, p.16, 2014年3月31日発行

  5. 子どものメタボ予防 中学生の目安など研究成果盛り改訂:信大医師らの研究会が本」信濃毎日新聞4月16日号

  6. 「青少年のピロリ菌感染症 対策知って:信大医学部で14日講演会」信濃毎日新聞6月8日号

  7. 食育コラム:子どもの頃からの生活習慣病予防. 安曇野市広報あづみの6月号

  8. 「医学部と松川村が地域保健推進に向けて連携協定を締結しました」週刊信大489号(2014年3月17日)

  9. 「健康日本21推進松本大会ブース出展のご案内」週刊信大515号(2014年9月29日)

  10. 「厚生労働白書に信州大学が支援する松本市の健康寿命延伸事業が掲載」週刊信大520号(2014年11月4日)

著書


  1. 本郷 実編:”信州発”青少年の健康教育プログラム—生活習慣病予防を目指して—改訂第2版. pp.1-171、信州大学医学部、松本、2014.


学会報告


  1. 原田美貴子、本郷 実、伊澤 淳、日高宏哉、中西啓介、矢崎善一、池田宇一:日本人中学生における血清シスタチンCと心血管リスクファクターの関連. 第47回日本痛風核酸代謝学会総会、神戸、2月21日


  2. 本郷 実、日高宏哉、伊澤 淳、中西啓介、中山佳子、寺澤文子、廣田直子、阪口しげ子:子どもの頃からの生活習慣病予防に向けて:“信州発”青少年の健康教育プログラムの開発と実践. 第1回日本健康促進医学会、長崎、5月17日


  3. 林 櫻松、中山佳子、上田 純子、本郷 実、菊地正悟:長野県における中学生のH. pylori感染状況. 第20回ヘリコバクター学会、東京、6月28日


  4. 原田美貴子、本郷 実、伊澤 淳、日高宏哉、寺澤文子、矢崎善一、池田宇一:日本人一般中学生において,血清シスタチンCは血清尿酸値と関連を有する. 第62回日本心臓病学会総会、仙台、9月26日


  5. 本郷 実、日高宏哉、中西啓介、阪口しげ子、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、廣田直子:子どもの生活習慣病を予防する: “信州発”青少年の健康教育プログラムの開発と実践. 第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日


  6. 中西啓介、本郷 実、阪口しげ子、日高宏哉、廣田直子、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵:家族を対象にした「生活習慣病予防外来」の活動報告. 
    第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日


  7. 飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、日高宏哉、本郷 実:実物大料理モデルを使った小中学生親子に対する食育について. 
    第61回日本学校保健学会、金沢、11月15日


  8. 廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、日高宏哉、本郷 実:中学生における朝食および夕食内容多様性と食意識との関連について:第1報. 第61回日本学校保健学会、金沢、11月16日


  9. 日高宏哉:シンポジウムIII 臨床検査ができる未病への貢献とは;青少年の健康診断血液検査からみえたもの. 第63回日本医学検査学会(日本未病システム学会共催シンポジウム)、新潟、5月18日


  10. 木戸口周平、堀 敦詞、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:MALDI-TOF 質量分析によるヒト気管支肺胞洗浄液中リン脂質の分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会、 東京、9月4日(日本臨床化学会学会賞 Young Investigator Award 受賞演題)


  11. 堀 敦詞、木戸口周平、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:血清中主要スフィンゴ脂質の質量分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会, 東京, 9月4日


  12. 西島史恵、日高惠以子、中村友彦、本田孝行、日高宏哉:ガスクロマトグラフィ-質量分析による血清中脂質分画および遊離脂肪酸組成の分析. 第54回日本臨床化学会年次学術集会、東京、9月4日


  13. 西島史恵、日高惠以子、中村友彦、本田孝行、日高宏哉:ガスクロマトグラフィ質量分析による血清脂質分画中の脂肪酸組成の検討. 第61回日本臨床検査医学会学術集会、福岡、11月


  14. 堀 敦詞、木戸口周平、川崎健治、菅野光俊、本田孝行、日高宏哉:質量分析による血清中主要スフィンゴ脂質のプロファイル. 第61回日本臨床検査医学会学術集会、福岡、11月


報告書


  1. 本郷 実、日高宏哉、阪口しげ子、中西啓介、寺澤文子、伊澤 淳、鶴田悟郎、田中直樹、廣田直子、飯澤裕美、横川吉晴、金井 誠、中山佳子:青少年の生活習慣病予防医療の新たな研究教育システムの構築に関する総合的研究プロジェクト. 信州大学医学部附属病院先端予防医療センター事業報告書平成21-25年度、pp. 78-81, pp. 216-234, pp. 255-300, 信州大学医学部附属病院先端予防医療センター、平成26年3月28日発行


研究費獲得


  1. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))

    「青少年の生活習慣病予防医療を目的とした地域連携型研究・教育拠点の構築」


  2. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))

    「青少年の生活習慣病予防を目的とした行動科学に基づく多職種連携教育プログラムの確立」


  3. 平成26年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))

    「質量分析によるヒト脂質プロファイル検査法の構築と臨床応用」


  4. 平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」信州アカデミア(信大COC事業)「地域志向教育支援」「地域における青少年の健康教育推進及び人材育成を目指した“学校出前”クリニック事業」


  5. 平成26年度財団法人長野県公衆衛生協会受託研究「小児生活習慣病予防事業に関わる調査研究」


  6. 公益財団法人信州医学振興会平成26年度研究助成「「健康長寿世界一」を目指す先進的地域保健医療システムの開発」


  7. 信州大学 - 協和メデックス株式会社共同研究「質量分析を用いた血中リポタンパク中リン脂質の同定及び定量、新規スフィンゴミエリン測定試薬の測定値の妥当性検証」


その他


  1. 市民タイムス「健康アドバイス」連載(1月—3月)


  2. 「長寿の秘訣解明します:松川村と信大医学部連携」読売新聞3月12日号


  3. 「長寿の要因解明し発信へ 食育講座など中高年や高齢者にも:信大と松川村が連携協定」信濃毎日新聞3月12日号


  4. 「医学部と松川村が地域保健推進に向けて連携協定を締結」信大NOW No.86, p.16, 2014年3月31日発行


  5. 子どものメタボ予防 中学生の目安など研究成果盛り改訂:信大医師らの研究会が本」信濃毎日新聞4月16日号


  6. 「青少年のピロリ菌感染症 対策知って:信大医学部で14日講演会」信濃毎日新聞6月8日号


  7. 食育コラム:子どもの頃からの生活習慣病予防. 安曇野市広報あづみの6月号


  8. 「医学部と松川村が地域保健推進に向けて連携協定を締結しました」週刊信大489号(2014年3月17日)


  9. 「健康日本21推進松本大会ブース出展のご案内」週刊信大515号(2014年9月29日)


  10. 「厚生労働白書に信州大学が支援する松本市の健康寿命延伸事業が掲載」週刊信大520号(2014年11月4日)


このページの上部に戻る
家族で青少年の健康を守るネット:oasys
【事務局】
「青少年のメタボリック
シンドロームを考える」
研究会

〒390-8621
長野県松本市旭3-1-1
信州大学医学部保健学科
伊澤研究室内
TEL:0263-37-3506

関係団体リンク